プロセスの中で

デッサンを学び始めたころ、何をするにも目新しいことばかりで、描くこと自体が楽しく充実感に満ちていた。木炭でデッサンを描き、パンで消すこと自体、新奇な体験だったし、石膏デッサン、美術解剖学、クロッキーなど、高校の美術の時間には体験できないことに取り組む中で、「本格的に絵を学んでいる」という高揚感に浸ることも、しばしばあった。カルトンバッグを肩にかけ、地下鉄に乗る自分がちょっと誇らしく思えたことも。(笑)

クロッキーもデッサンも実際やってみると、とても奥深く、一朝一夕で上達できるものではなく、それなりに研鑽を必要とすることは言うまでもない。習作期には、様々な対象をモチーフとして扱い、多様なアプローチの仕方について学ぶことが大切だ。その中で、ものの見方を豊かにし、表現手法の幅を広げることができる。そのように考えると、習作期は、まさに「描くこと(見ること)の学び」であり、将来的に獲得するであろう画家の自由な創作の礎を築くための修練の時期として捉えられることが多いようだ。「デッサンは、創作の基礎である」という考え方はその典型といえよう。実際ピカソもクリムトもアカデミーに通い、卓越したデッサン力を身に付けている。

しかし習作期にある「描くこと(見ること)の学び」は、ともすれば基礎的技術の自己完結を繰り返す、閉ざされた循環に陥ることが多々あるように思う。考えてみてほしいのだが、デッサンが「基礎」であるためには、その基礎の上に構築する「創作」があってはじめて基礎が基礎となりうるのではないだろうか。デッサンがデッサンの中で自己完結するならば、デッサンは何に対して「基礎」と言えるだろうか?

僕は常々思う。デッサンについての「スキル」について考察を深めるのは良いことかもしれないが、そこにあるのはあくまで「スキル」であって「内容」ではないのだ。ワイエスがヘルガを描くとき、「面と稜線」について語るだろうか?人体の解剖学的な理解を主題に描くだろうか?

卓越したデッサン力は、画家の描く主題(内容)を支える。しかしデッサンのスキル自体が主題になることはないのだ。絵を学ぶ者は、そんなジレンマに立って習作期から離脱し、そこではじめて創作の真意と向き合う。

本作のクロッキーは、アトリエ7.q:season3の導入時に描いたクロッキーである。僕は、クロッキーやデッサンをそれ自体、プロセスの中の一つと位置付けている。クロッキーで人物のイメージやムーブマンを捉え、デッサンを描く中で主題を探り、それらを深めて油彩などのタブローを描く。一つのプロセスを次のプロセスへとつなげ、具体的な目的をもたせることで、機能的な働きを課す。このように主題を深めていく中で、何か新たな地平にたどり着けないかと願う。

Follow me!

プロセスの中で” に対して1件のコメントがあります。

  1. ロジェの生徒吉田恵子 より:

    こんばんわ
    ブログ再開すごく喜んでいます。楽しみにクリック。学んでいます。
    先回ロジェにてスマホ作品見て頂き、アドバイスもらい、悩みが解決
    自分の人物が描けました。ありがとう
    グループ展、本日は日洋展の描けないと騒いでいた絵の搬入終え、
    次の作品に向け頑張るぞと思っているところです。
    いつか作品見て貰える機会があること願いつつ。
    吉田

    1. Masaki Mori より:

      毎回読んで下さってありがとうございます。僕のようなつたない者がアドバイス、など恐れ多いですが、またROJUEでお見かけしたら、よろしくお願いします。展示は見に行けずすみません。またよろしくお願いいたします。

  2. ピンバック: choker | studio bosque

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です