春を待つ

2013 春を待つ 油彩

5年前に描いた絵を公募展に出展したら受賞したのでご報告まで・・・。

第31回 日本の自然を描く展

自由部門 『春を待つ』F10号 油彩   優秀賞

作品展示期間

【第1・2期】平成30年8月 9日(木)~8月18日(土)

【仙台展】  平成30年8月31日(金)~9月 5日(水)

【西日本展】 平成30年9月27日(木)~9月30日(日)

この作品を描くモデルとなった風景は実在し、名古屋市名東区の生涯学習センターの雑然とした美術準備室の風景からインスピレーションを得て描いたものだ。この場所は非常に狭く薄暗いため、現場で描くことができたのはいくつかのスケッチのみだった。そのため、実際の制作は自宅のアトリエで行うこととなったのだが、その過程の中で構想がどんどん膨らみ、描き上げてみると実際とは全く異なる風景となった。いわばこの作品は写実画というよりは、心象画であるといった方がしっくりくる感じだ。窓や円形のテーブルは実際よりも大きくデフォルメしてあるし、石膏像もいくつか増やし配置や光線の入り方も変えてしまった。テーブルの上のケトルや書きかけの便せんなどのモチーフも、実際にあったものではなく、自宅にあったものを参考に創作したのだ。さらに窓の外に描いた煉瓦の窓も空想によるものである。

この絵を描き始める以前、自分の愚かな行いによって、とりかえしのつかない悲劇を招いてしまった。哀しいことだが、自分の性分の愚かさは、どれだけ直そうと努力しても、気が付けばいつも繰り返してしまう。子どものころから今に至るまで、僕はいつも自分で自分を孤独にしてしまう・・・。重厚な煉瓦造りの洋館は、自分の堅い自我を象徴する。閉ざされた鉄格子のある窓は断絶を意味し、窓辺で書こうとする手紙は、何度書き直しても白紙のままである。2013年冬。窓辺で雪融けを願いながら、言葉にできない手紙を書こうとした自分がいた。今もなお、訪れることのない春を待ちながら・・・。

Follow me!

春を待つ” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 荒川佳子 より:

    受賞おめでとうございます\(^o^)/
    名古屋ではこの展覧会は見れるんでしょうか?
    最初の期間は東京展ですか?

    1. Masaki Mori より:

      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなりすみません。
      それぞれの展覧会場は、
      【第1・2期】東京展 上野の森美術館
      【仙台展】せんだいメディアテーク2階
      【西日本展】原田の森ギャラリー2階
      となります。(あいにく名古屋では展示は行われません)
      もし御用で出向かれることがあればお立ち寄りください。

      詳しくは、http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/shizen/をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です